創業 明治12年の老舗

𠮷野鮨本店の創業は明治12年です。
江戸の文化と歴史とともに歩んできたお店です。

「日本橋 髙島屋さんの、裏通り」
その言葉どおり、店はとても分かりやすい場所にございます。
大きな看板と広い間口からは、どこか親しみやすさを感じられます。
もとは、日本橋に魚河岸があった明治12年に
屋台からスタートした吉野鮨本店。

「一生懸命、お客様に喜ばれるような
嘘を着かない正直な商売を心がけなさい」

その言葉を胸に、店主 𠮷野正敏が日々、
心を込めてお寿司を握っております。

変わらぬ伝統の味

𠮷野鮨のしゃりには甘味が一切、加わっておりません。
当店では粕酢(赤酢)と塩のみでしゃりをつくります。
それは創業以来ずっと変わっていない伝統のつくり方です。
タネに煮きり醤油をつけてご提供することもまた、昔からの仕事のなごりです。
これにより、小皿でお醤油をつけなくても美味しく頂く事ができます。

もちろん、全てが伝統を受け継いで来たわけではなく
𠮷野鮨本店では嗜好の変化に合わせて、アレンジを重ね、
その時最も美味しいお寿司を提供するよう心がけております。

厳選したこだわりの素材

毎朝、河岸に仕入れに行き確かな目で厳選した
素材のみを魂を込めて握ります。

たこ、いか、穴子、こはだ、しゃこなどの江戸前の魚の他に
時期、産地を見定めしてより良い素材を仕入れております。

絶品の玉子焼き

𠮷野鮨本店の伝統の味の一つである玉子焼きはご飯との
バランス考えて薄めに焼いております。
お寿司とは本来「酢飯とタネを圧す」ものです。
そのバランスによって旨み変わってきます。

しっかりと握れてご飯とのバランスがとれる玉子焼きを是非ご堪能下さい。